スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢神宮と熊野旅行 その4

旦那のよしぞぉです^^

那智の観光を終えて、ホテルに向かいました。
この日は、熊野の近くの伊勢勝浦ある中ノ島ホテルに宿泊。

このホテルは、湾内にある島に建つホテルで
ホテルに向かうのは、
写真のような船着場に向かうことになります。
IMGP6140.jpg

時間がたつと
ホテルから船がやってきます。
IMGP6144.jpg
ホテル自体もかなり大きくてキレイでした。
さらに、ここの温泉は非常に良かったです。
すぐ海の近くにあって、景色もいいものでした。

部屋から熊野方面の夜景を写真に撮ったのですが
IMGP6150.jpg
残念ながら、熊野の山は雲の中でした(-_-;)

夕飯は、こんな感じ。
P1000332.jpg
ボチボチでした。。。。
足りなかったので奮発してステーキを注文!!
注文前に何グラムって聞いたら250gと言われたのですが
P1000334.jpg
ご覧の通り明らかに300gを超えていて、味も非常に美味しかったです(^^♪

温泉を満喫して就寝。
翌朝は、伊勢に向かいつつお土産の焼酎を買いに
高校生レストランで有名に多紀に寄りました。

目的の焼酎を買って、丁度お昼だったのでお昼ご飯をっと探していたら
P1000340.jpg
伊勢芋という看板をちらほらみるので入ってみました。

伊勢芋を使ったとろろが名物のお店で芋を芋を料理にしてます
こんな感じで、どの料理も非常に美味しくって、良い店を見つけられました。
P1000338.jpg
P1000339.jpg

電車での帰路に向かう前に、
初日に行けなかった伊勢の内宮近くにあるおかげ横丁に寄りました。
P1000342.jpg
途中にあった見事な松!!
P1000343.jpg
P1000351.jpg
結構な人が居ました。
P1000346.jpg

みきぞぉが、目ざとく見つけたソフトクリームの看板^^;
P1000354.jpg
さっそく購入。(ヤギミルク100%とヤギミルク50%を買って食べ比べてました)
P1000353.jpg
満足げに散策続行(^^♪
P1000355.jpg

最後に、伊勢のお土産の定番、赤福本店に寄りました。
P1000356.jpg

この後、電車に乗って帰宅。
帰りにじゅんこさんの所に華丸を迎えに向かいました。
華丸が来て直ぐに、一度預かってもらって迎えに行った時は
玄関を入って、華丸も気づいているけど他のワンコがいると私たちの所へ近づけなかったのですが
今回は、他のワンコがいてもガムシャラにみきぞぉを目指して近づいてきて
みきぞぉに抱きついた華丸をみて、何だか嬉しくなりました(^^♪

伊勢は見るところが一杯あり、楽しかったのでまた行きたいと思ってます。


ペットブログランキング ←ぽちっと
スポンサーサイト

伊勢神宮と熊野旅行 その3

旦那のよしぞぉです^^

向かったのは、鳥羽シーサイドホテル。
伊勢から鳥羽までは車で30分ぐらいで直ぐに着きます。
旅行会社で伊勢にもホテルはあるけど、鳥羽の方がいい温泉があるということで
鳥羽のホテルにしました。

ホテルの入り口です。
P1000327.jpg

ここは、鳥羽港の入り江の近くにあって、目の前は海で部屋からも
IMGP6064.jpg
IMGP6072.jpg
こんな感じで、景色がいいところです。
さらに、温泉が四箇所ありました。ただ、温泉自体はボチボチという印象。

ここの食事はブッフェ形式でしたが、非常に種類も豊富で味もよく大満足でした。
こちらが夕食。
P1000324.jpg
こっちが朝食です。
P1000326.jpg

昨日の疲れを、しっかり温泉で取れたので次の日は熊野へ移動。
鳥羽から熊野へは、車で4時間半(@_@)
向かったのは、熊野三山の大社のひとつの那智大社です。

那智大社は熊野古道の入り口にあたり、山の上に立てられています。
行き方は、
・大社の目の前まで車で行く方法(有料)
・途中のお土産店が並んでいる所まで車で行き、400段以上の階段を上る方法
・山の下の駐車場まで車で、後はひたすら階段を上る方法(400+600段以上(@_@))
最初は、みきぞぉは下から階段で頑張るといってましたが、
この日は雨、さらに昨日の疲れがあるからと途中まで車で行く方法に説得しました(-"-)

お土産店の駐車場に止めて、まずは腹ごしらえ。
頼んだのは、どこにでもある蕎麦やカレー。味も。。。。
P1000329.jpg
名物の高菜の葉で包まれたお寿司も食べました。味はボチボチ^^;
P1000331.jpg

いざ、出発です(^^)/
IMGP6082.jpg

意外と快調に階段を上ります。
IMGP6087.jpg

すると、鳥居が現れました。
IMGP6090.jpg

まだまだ階段。。。。
IMGP6095.jpg

で、最後の階段はいままで以上に急勾配(-"-)
IMGP6097.jpg

やっとたどり着いた那智大社本殿です。
IMGP6099.jpg

那智大社では有名な那智の滝と三重塔が並んだ風景が見れます。
当然、写真を撮影。
IMGP6122.jpg
この日は、雨が降っていたので滝の水量が多くてキレイに見えました。

那智大社の裏に熊野古道の入り口の杉並木がありました。
IMGP6124.jpg
IMGP6134.jpg
非常に雰囲気のいい場所でした。

帰りは、雲が多くなってまったく景色が見えなくなりました。
IMGP6136.jpg

何とか、階段を上り下りしてお参りできました。
IMGP6138.jpg

その4へ

ペットブログランキング ←ぽちっと

伊勢神宮と熊野旅行 その2

旦那のよしぞぉです^^

昨日の続きです。
外宮を後にして向かったのは、伊勢の内宮。
車だと、5分ぐらいしか離れてません。

前回来たときは、Webとかで調べた情報だけで
内宮を見学したのですが、説明の看板が少なくて
良く分からないまま、お参りをしていました。
今回は、ガイドさんを頼んで、しっかりお参りする予定。

内宮に着いたのは、ガイドをお願いしている時間よりも
かなり早かったので、まずは休憩。。。
内宮の直ぐ脇の小道へ、お店を探しに
IMGP5934.jpg

で、見つけたのは、こちらのお店。
IMGP5938.jpg
注文はしなかったですが、カキ氷がたくさんあり
どれも、巨大でびっくりしました^^;

ガイドを頼んだ時間になり、ガイドさんと合流。
IMGP5941.jpg
さっそく、伊勢神宮の歴史を教えていただきました。

で、さっそくお参り開始です。
IMGP5942.jpg

最初の大橋を渡っていると、遠くの木の上で水鳥が羽を広げてました。
IMGP5947.jpg

橋の反対側の鳥居で、鳥居の木に細工があることの説明を
IMGP5953.jpg
木の膨張を最初から考えて、楔が打たれていてキレイになるようになっているとのこと。

また、撮影スポットも教えていただきました。それが、これ
IMGP5954.jpg
橋の形がきれいに見えるところでした(^^♪
この橋も、船大工が作っていて、下から見ると船底の構造に似ているそうです。

園内を散策していると、庭の石で説明をしてくれました。
IMGP5966.jpg
君が代に出てくるさざれ石。これは細かな石がくっついて大きな石になったもので
神宮に寄付されたものだそうです。

さらに散策を続けると、鶏が。。。。
IMGP5974.jpg
これも、日本の古い鶏で、祭事のときに使用され、その時以外は、園内で大切に飼育されているそうです。

近くにあった松。
IMGP5976.jpg
これは、大正天皇が皇太子に時に植えた物で、いまだに枯れずに植えられていました。

再度、鳥居をくぐり先に進みました。
IMGP5980.jpg
この鳥居がしめ縄がされていて、本当の鳥居でここから先が結界の張られた聖域だそうです。
橋の所にあった鳥居は、いうなればモニュメントだそうです(@_@)

その先には御手洗所がありました。
IMGP5982.jpg
川の川岸に石畳の階段があり、ここが元々お清めをする場所だったそうです。
お団子にあるみたらし団子の由来は、この御手洗所で売られていた団子だったからだそうです。

内宮の本宮へ
IMGP5990.jpg
撮影は、階段の下まで。階段の上は是非見学に行って見てください。

境内にあった千年杉。
IMGP5993.jpg
静かだと、幹から水の音が聞こえるそうですが、残念ながら聞こえませんでした。

別宮を見学へ
IMGP6002.jpg
建物の隣に工事をしてる場所が見えます。
伊勢神宮は、20年ごとに建物を建て替えるそうで、あと1年後に新しい建物に変わります。
古い建物隣に新しい建物が建ち、神様を新しい建物に移します。
新しい建物に移ってから、半年ぐらいは古い建物も残っているそうで
隣同士で新旧の建物が並んでいる光景が、その半年間だけ見れるそうです。
(それを聞いて行かなければと、みきぞぉが。。。。)

伊勢の神宮の宮の敷地をみると
IMGP6004.jpg
白い石と黒い石が敷き詰められています。
これは、白い石の部分から聖域とされているそうです。

もうひとつの撮影スポットということで、ちょっと脇にそれた橋へ
IMGP6024.jpg
二つの鳥居がキレイにならんで、美しいところでした。
IMGP6021.jpg
この橋に使われている部品でひとつだけ慶長7年のものが残っていました。

最後に向かったのは、伊勢神宮はお御籤や絵馬がないのですが
一箇所だけ小さな鳥居を買って、願い事を書いてお参りできる子安神社へ
IMGP6028.jpg
主には、出産や安産、結婚などらしいですが、他の願い事も出来るそうです。

最後に、伊勢神宮の大橋の入り口から見て左側の二番目の所。
IMGP6057.jpg
この中にお札が入って触ると金運アップするという話を聞き、
橋の最初のところから三歩進んだ板の上から、触るといいということで
IMGP6060.jpg
しっかり、みきぞぉは拝んでました^^;

最初は、ガイドの時間は90分予定。ガイドさんからフルコースで
案内するから2時間かかるけどいい?って言われて、はいって答えたけど
終わってみたら、2時間半以上。正直、クタクタでした^^;

でも、説明を聞かないと知らないことや素通りしてしまうものも分かって
非常に満足感のあるお参りでした。
(これでも、かなり説明をはしょったのですよ(-"-))

クタクタなので、ホテルへ移動。。。その3へ

ペットブログランキング ←ぽちっと

伊勢神宮と熊野旅行 その1

旦那のよしぞぉです^^

久しぶりの更新になってしまいました^^;
ぎりぎり広告が出る前に更新を。。。

三連休前に休みを取って、伊勢、熊野へ旅行に行って来ました。
メンバーは、私ら夫婦とみきぞぉのお母さん。
っで、華丸は最初は動物病院でお泊りっと思っていたら、
じゅんこさんが預かってくれるというので
お言葉に甘えて預かって頂きました

早速、旅行へなのですが出発からハプニング!!
車で品川に行って新幹線にと思っていたので朝の渋滞を考えて
早めに出発と思っていたら、起きたら出発予定時刻!!
びっくりして、みきぞぉを起こしたら再度寝ようとする(-"-)
叩き起こして、慌てて用意して何とか間に合いました^^;

新幹線と近鉄を乗り継いで到着したのは、宇治山田駅。
IMGP5858.jpg

ここで、レンタカーを借りて、まずは腹ごしらえへ
向かったのは、紀矢食堂。
P1000316.jpg

伊勢うどんが名物で、注文してみました。
P1000318.jpg
パッと見は、普通のうどん。混ぜて食べてといわれて

混ぜると
P1000319.jpg
P1000320.jpg
味は、タレがどろどろですが出汁の味が濃くて、うどんは柔らかいという
どくどくのもので、さぬきうどんとはま逆のイメージでしたが、美味しかったです。

お店の女将さんに伊勢の名物のおせんべい貰いました(^^♪
P1000322.jpg
あっとホームなお店で居心地も良かったです。

最初の目的地の外宮へ
緑が多くて気持ちがいい雰囲気です。
IMGP5861.jpg

入り口。
IMGP5864.jpg

まずは、お清めですね。
IMGP5869.jpg

いざ、お参りへ
IMGP5872.jpg

途中、馬小屋を発見。神馬がいる小屋ですが残念ながら不在。
IMGP5874.jpg

鳥居をくぐって境内へ
IMGP5877.jpg

本宮は、囲いに覆われていてお参りできるのは、かなり手前の所まで
IMGP5881.jpg
IMGP5888.jpg

境内には、川や池がたくさんあります。
川を越えて池のほとりを見ると。。。。
IMGP5898.jpg
亀さんが首を長くしてました。
IMGP5899.jpg

みきぞぉは、全部の宮を回るというので、他の宮を見て回ることに
一番近くの土宮(土地の神様)
IMGP5901.jpg

で、結構圧倒される階段を上らないと行けない宮へ
IMGP5904.jpg

みきぞぉもへこたれずにのぼり
IMGP5907.jpg

到着したのが、多賀宮(別宮)
IMGP5910.jpg

最後に、風宮へ
IMGP5920.jpg

お札を買って、外宮終了。
IMGP5927.jpg

一時間もかからず、回りきれました。
非常に緑が多くて、大きな木もたくさんあり気持ちがいいお参りでした。

で、その2へ(多分、4回に分けないと書ききれない。。。)

ペットブログランキング ←ぽちっと
プロフィール

みきぞぉ

Author:みきぞぉ
こんにちは。
華丸です(^_^)
これから家庭犬となるべく、日々、精進していきます(笑)
ビビリですが、ガンバリマス!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。